お父さんの不動産

不動産のチラシで見かけた新築マンション

週末ともなると、新聞の折り込みチラシの中に沢山の不動産関係のチラシが入っています。大体は新しく建設中かつい最近出来上がった新築マンションのものです。どこにできたのかな?とどんな設備がついているのかな?という2点はいつもさっと目を通すようにしていますが、最近の新築マンションの豪華な設備や施設、便利なサービスには目を見張るものがあります。もはや日本のマンションも、外国の高級コンドミニアムのようになったなあと思うことすらあります。
不動産のチラシで、新築マンション情報を見た際に「これは凄い!」と思ったのが、某都心にできたマンションです。入り口には24時間コンセルジュが常駐し、住民のお世話をしてくれ、ロビーには草木があり、マンションの住人が使えるプールや温泉、サウナもついていて、社交の場となる共有スペースやジムがついている、というものでした。部屋の設備もディスポーザーや24時間お風呂、お台所の収納部分の充実など、注文住宅のような豪華さ。こんなに素晴らしいうえ新築だったらぜひ住みたい!と思ってしまいます。また、嬉しい事に、場所が都心部なので、通勤にも楽々。このようなマンションが郊外にあるのならまだわかるのですが、都心にこんなに素晴らしい新築マンションがあるなんて。しかもちょっと頑張れば手が届く金額。都心に不動産を持つということは維持費がかかって大変なことですが、新築マンションでこれだけ素晴らしい設備がついていたら、生活のクォリティがかなりかわるだろうなーと思います。

住まい・不動産について知識を深めたい人へ